(お見合い回顧の合間に①)BBBで生きるしかないので、副業はじめる。

 早いもので今年も半分過ぎました。
この調子でいくと、あっという間に誕生日を通り越し、
気がつけば除夜の鐘、
ってなことになってるんでしょうね(;´・ω・)
最近では自分の年齢が一つ二つ
あやふやになる時があり、焦ります。
DHAEPA含有の健康食品を飲みつつ、
イチョウ葉エキス配合のサプリを検索したり。
(そういやMR・サプリメントアドバイザー資格を持ってました(-_-;))

 

お見合いをしていた頃は、
年齢より若く見られたいという気持ちが強かったです。
お見合い相談所のおじさんや仲人おばさんが
「どうしてすーさんさんみたいな素敵な方が
 残っているのかしら。こんなにお綺麗で
 30そこそこにしか見えないのに」
と仰る言葉を真に受け(この純粋さ…完全な〇ホ)
仲人さんの期待に応えるべく、
また褒められるようにと、頑張っていました。
どの入会者にも同じような言葉をかけて、
気持ち良く活動するようヨイショして下さって
いることに気づかずに。あぁ、お恥ずかしい。


40を過ぎてからは、
父親と同じ年齢の医師からのお申し込みとか、
20歳以上年下でないとお話しにならないと
(ちなみに医者や会社経営者等など)
釣書の段階で断られる事が続き、
婚活市場においては、
年齢より若く見られることに何の意味もなく、
実年齢が全て、という現実を知ったのでありました。
はよ気づけよッ(σ`д′)σ 
今となれば、年相応で上等!
一つ二つ間違えても、もう、どうでもよくなってる、
というのが正直なところです。        

 

この開き直り観は、幾多のお見合いで培われた面もありますが、
これでイイのだ!と、
自信を持たせてくれた本の出会いも関係しています。
昨年末、インパクトのあるタイトルに
思わず手に取った
藤森かよこ著『馬鹿ブス貧乏で生きるしかないあなたに愛をこめて書いたので読んでください』
馬鹿ブス貧乏=BBB、おぉっ、私やないかい♫ 


冒頭のくだりを列挙すると
〇基本はひとり
〇食える職に就ける勉強をする
〇結婚するなら国語能力のある男性
〇人生に突然の飛躍や覚醒はない(ポジティブシンキングは危険)
〇しのごのいわずに賃金労働に勤しむ

どれもこれも、頷けることばかり。
37歳までに道筋を立てておかないと、
40歳を過ぎたら言い訳はできない、と。

 

37歳か・・・食える職に就いた、
何とか間に合ったのかもしれない・・・
国家試験に受かって今の職に就いたのが、
ちょうど37歳。もともと不器用で、
人並みになるまで時間がかかるタイプですが、
若い同期に比べると劣ることは否めません。
「実習生の方があなたよりずっと使えるわ!』
と怒鳴られたことも。惨めで辞めたくて、
スピリチュアル系の本や集いに心動いたこともありました。
38歳でお見合いを始めたのも、
やっと就けた仕事なのに向いてないかも…
という気持ちが積もっていたのも関係しています。
正直あまり気が進まないけど、お願いします、
とここで返事すれば結婚出来て、
仕事辞めれて、奥様生活ができるも、と思ったことも。

 

BBBは現実を受け止め、粛々と生きていきます。
とにかく今の仕事にしがみついておく。
不器用でも何とか慣れてきました。
他人に期待せずに自分で何とか道筋を立てる。                       年の近い兄弟はいますが、甥や姪がいないし、
最期は独りを覚悟してます。
だからやっぱりお金は大切。
ブスだからこそ不快感を与えない外見を維持した方が良いので、
それにもやはりお金が必要

 

ってなことで、副業はじめました。
お見合いブログは始めてみよう!
と意気込んでいたものの、
コロナ関係のこの副業を入れてしまったせいか、
帰宅後の体力消耗感は半端ない…
週6勤務はさすがに40代後半の身体には堪えます。                体は資本、を実感いたしますが
先週は住民税の払込用紙が届きましたし、
頑張るしかありません。独りですしね、
何かしている方が落ち着きます。
何より、お金が大好きですから!