バツイチ 整形外科医

コロナワクチン2回目接種を終えました。
周りの20~30代はかなりの割合で
2回目は高熱・倦怠感を訴えているのに対し、
50代以上は全く無症状です。
職場では、若い方が副反応があるのね、
などと盛り上がっていたので、
密かに「私も発熱するかもなぁ」
と事前にカロナール500㎎を用意していましたが
・・・全く必要ありませんでした。
もう完全にシニア層でしょうか。

 

続いてのお見合い回顧録は、
12歳年上バツイチ開業整形外科医。
離婚理由は「派手で家のことを一切しない嫁だったから」
お子さんを連れて前妻は出て行ったらしいですが、
まあ、本当の理由は分かりません。
事前にもらった写真では、
いえいえどうして、先生も十分、カタギにはみえません
貫禄十分な悪代官といった感じですが。

職業:開業医Tさん(整形外科)
婚歴:離婚歴あり、子どもあり(別居)
相手の希望条件:病院を手伝ってくれる人

 



ホテルのロビーで待ち合わせ。
向こうの仲人さん(50代後半女性)が先に到着、
程なくしてTさんが到着です。
私の仲人さんと挨拶するやいなや、向こうの仲人さんが
「先生ったら~、もうっ❤ネクタイがいがんでるんだからぁ~」
ネクタイに手をかけイチャイチャ(?)
随分と仲人さんとお親しいんですね、
偉そうにしないお人柄、
地域の患者さんからも愛されてる先生に違いありません。

30分ほどして2人になると、
Tさんは経営するクリニックの話をして下さいました。
「500円で仕入れた枕をクリニック推薦で5000円ほどで売るんですよ~高そうに見えるのを見つけるのかがポイントですよ~ガハガハ」
ぼったくりバーですがな。
面白おかしく、いかにリハビリに通って貰うか、
の話をして下さいましたが、
見え隠れするのは「いかに儲けるか」ということ。
しがないサラリーマン家庭の私にはわかりませんが
外科医なので神経質な感じはせず、お話も楽しい。
ただ、話を聞きながら感じたのは、
Tさんは私みたいな清楚な落ち着いたタイプは
好みではないな、ということ。
前の奥様は華やかでブランドとかお好きな方だったのでは?
Tさんもそういう方が良いのでは、という感が働きました。
私は全くブランドのバッグとかアクセサリーに興味がありませんからね



帰宅後、再度お会いしたい、というお返事をいただき、
1週間後に夕食に行くことになりました。
私の職場近くまでBMWで迎えに来て下さり、
予約先のホテルレストランへ。
ご本人曰く、ここのローストビーフがお気に入りだから、
ということでしたが・・・
車ってことは、飲めないやん(-_-;)
ま、まあ、いいでしょう・・・
こんなBBAをお迎えして下さり
ご馳走して下さるだけでもありがたいことです。すると
「僕は車だからね。水でいいよね?」
『はー?肉に水?!)』
「・・・はい、美味しいホテルのお水で十分です」

Tさんは最初から気乗りしなかったのでしょう。
一度で断るのは悪いからか仲人さんに言われたのか、
仕方なくご馳走してくださったのでしょうね。
私が男性で少しは興味がある相手なら
「飲めるなら、気にせず好きなの飲んでね」
などとカッコつけてしまいますから。

2日後くらいに仲人さんから
「良い子なんだけど、すみません」
との連絡がありました。分かってましたよ、
私のことが好みじゃないってこと。
見た目はやや強面でしたが、お優しい方なんでしょうね。
私としても、開業医夫人になって
クリニックを切り盛りできる器ではありません。
ホテルのレストランでなくていいので、
肉には酒!
焼き鳥食べながら乾杯できるお相手がいいなぁ、
と感じたお見合いでした。